税制面やローン評価額など金銭面で新築物件より劣るなど不利な部分もあります。

MENU

リノベーションのデメリット

 

中古物件でも、
あれこれ手を加えてリノベーションすれば、理想に近い物件に変身できてしまう。

手

しかも、予算は新築よりもずっと安いらしい。

 

そんな思い込みや錯覚が広がっていませんか?

 

あたかもリノベーションという言葉を魔法の呪文のように捉えている人に送る、リノベーションのデメリット。

 

メリットがあれば、同じ分だけデメリットも存在するわけです。

 

 

 

リノベーションで魔法はかからない

 

「同じ条件の物件なら、できるだけ低予算で購入したい。」
というのは、誰もが思うことですよね。

 

長く続いたデフレの影響もあってか、
中古物件を購入することへの抵抗感が無くなってきています。

 

そこに「リノベーション」という改善策がセットになっていれば、まるで鬼に金棒?

 

いいえ
リノベーションは住環境を整える手段の一つですが、決して魔法の言葉ではありません

 

リノベーションで出来ることには限界もあり
また、リノベーションが常に得策になるわけでもありません

 

 

リノベーションにおけるデメリット

 

業者の選択で満足度に大きな差が出てしまう

 

同じリノベーション業者でも、得意不得意分野があります。
また、大手建築会社であったとしても、
実際に工事をするのは下請け業者となるので、職人との相性も問題に。

 

 

ローンを組む場合の評価が低い

 

リノベーションすることを前提に購入する場合、
その物件が評価額の査定基準になるので、借りれる金額が少ない

 

 

税金面

 

新築を購入すると、様々な税金面での優遇を受けられますが、
中古物件では控除枠が変わってきます

 

 

構造体そのものに問題がある場合、リノベーション費用が跳ね上がる

 

建物の耐震性が基準に満たない場合や、
害虫被害にあっていて、基礎工事からやり直さなければならないなど。
これらは、素人が見ただけでは分かりにくいものです。

 

 

 

 

現実的なリノベーションをするために

 

人差し指を立てる女性

  • リノベーションの相場(適正価格)を知る
  • 希望するリノベーションに強い業者を選ぶ
  • 値引きよりアフターサービスに目を向ける
  • 構造体(スケルトン)本来のクオリティを知る
  • 建築基準法やマンションの管理規約を調べておく

 

残念ながら、中古物件でも、リノベーションに向いているものと、
デメリットの方が大きくなってしまうものの2つに分かれます。

 

物件の購入価格とリノベーション費用を比較して、デメリットの方が大きければ「高い買い物」「損をすること」になります。

 

また、リノベーションのメリット・デメリットを大きく左右するものに、「業者選び」が関わってきます。

 

リノベーションにくわしい業者、且つ相性のいい業者を選ぶことが、
リノベーション成功への第一条件ではないでしょうか。