限られた予算の中で都心に自宅を構える。そんなことができるのもリノベの強みです。

MENU

リノベーションのメリット

 

最近よく耳にする「リノベーション」という言葉。
地域のインフラ改革や事業のシステム改善など、あらゆる分野で使われています。

 

リノベーションとは、既存の物に新しい価値観で改善を施す概念です。
それを不動産物件に当てはめると、どのような反応が生まれるのでしょうか。

 

ここでは建築物におけるリノベーションのメリットについて、考察してみたいと思います。

 

⇒「デメリット」についてはこちら

 

 

夢と現実を繋ぐ

考える女性

 

通勤電車に揺られながらふと思うこと、
「もう少し会社に近いところに住めたら楽だろうな…。」

 

友人が遊びに来る度になんとなく引け目を感じてしまう、
「このマンションの間取りって古臭いのよねぇ…。」

 

 

けれど、現実は…

 

  • 会社があるのは都心で、その近くの賃貸物件で今と同じ水準の部屋を探すとなると家賃が跳ね上がる。
  •  

  • 近代的な間取りのお洒落なマンションとなると、家賃もそれなり。
  •  

  • 間取りを妥協して狭いスペースと引き換えにすれば、家賃はなんとか手が届くけれど、それでは生活が楽しめない。

 

 

まさに夢と現実のギャップがそこにあるわけです。
やはり現実を受け入れて、何かを諦めるしかないのでしょうか?

 

いいえ、だからこそ「リノベーション」なのです。

 

思い出してください、
リノベーションとは既存の物を新しい価値観で改善する方法です。

 

ここに、夢を現実にするヒントがありそうな気がしませんか?

 

 

 

 

リノベーションで夢を叶える

 

夢見る女性

  • 都心に部屋を持つ
  • 住みやすい間取りの部屋で暮らす
  • ライフスタイルが変わるので住環境を整えたい
  • 建売中古物件を購入予定だけれど、間取りが近隣と同じなのは嫌だ

 

これらの希望は、
リノベーションで実現することが可能なのです。
建築物件におけるリノベーションのメリットはズバリ!

 

「低予算で希望の住環境に住まうこと」

 

この一言に尽きるのではないでしょうか。

 

建築の構造(スケルトン)さえ問題が無ければ
その中身を予算に応じた方法で改善してしまえばいいわけです。

 

この方法ならば、何かと建築規制の多い都心でも、
コストパフォーマンスの高い物件を入手することができますよね。

 

ところで、某テレビ局でやっている、
問題のある中古物件を一級建築士が匠の技で大改造する番組、観たことありますか?

 

「負」の問題を「正」へ改造する手法は、リノベーションの真骨頂と言えるでしょう。
建築物におけるリノベーションはまさに、家族(生活)の問題を解決することでもあるのです。

 

住環境において何かを諦める前に、リノベーションが持つメリットを思い出してください。
そこに解決策はきっとあるはずです!