リフォームよりも前衛的なイメージを与えるための戦略的な意味合いもあります。

MENU

リノベーションとリフォームの違い

 

家が古くなったのでリフォームを考えているところへ、
「リノベーションはいかがですか?」という言葉が飛び込んできました。

 

困っている男女

さて、困った!
リフォームとリノベーションって何が違うのでしょう?

 

調べれば調べるほどに情報が多すぎて困惑しているあなたに、
ストンと入るリフォームとリノベーションの違いを説明します。

 

 

 

リフォームは日本!リノベーションは世界!?

 

リフォームという英単語は、主に社会面で政治思想を語る時に使われるものです。

 

Reform:改革、変革、革新

 

最初にリフォームを使ったのは、服飾業界のようですね。
「着物の仕立て直し」から「スーツのリフォーム」という感じでしょうか。

 

そうです、日本人が得意とするあまり、時としてやらかしてしまう英語の拡大解釈の産物です。

 

当然英語圏では、建築関係で「Reform」と使っても通じませんのでご注意を。

 

 

では、通じる英単語は何かというと、それがリノベーションなのです
他にも同意語としていろいろありますが、日本では一般的でないので省略します。

 

renovation:更新、刷新、修築

 

洋服の仕立て直しに使っていたリフォームが充分に浸透していたので、
建築業界でも「修繕」や「改築」に当てはめて使い出したのが始まりです。

 

そこには、なぜか日本人は、
日本語よりも外来語の方がイメージを膨らませやすいという特徴があるからでしょう。

 

近年では、英語に接する機会が日常的になり、
世代層によってはリフォームに不自然さを感じるようになってきているのかもしれません。

 

ともあれ、言葉を正しく使うという点では、とても喜ばしいことだと思います。

 

 

 

 

戦略的イメージ商法

 

というと少々胡散臭くなってしまい申し訳ありません。

 

ただ、包括的にみると…

 

リフォーム
  • 古くなったり傷んだものを修繕する。
  • 増改築してスペースを広げたり、使いやすくする。
  • 原状復帰のための修繕工事。

 

 

リノベーション
  • 住環境を整えることで精神的満足感を追及。
  • 間取りデザインなどの変更により、現代的な空間に作り替える。
  • 修繕改築にテーマを持たせて付加価値とする。

 

 

現状では、このようなイメージ付けで使い分けられているような気がします。

 

リフォームというと「物」に重きが置かれ、
時間経過も過去から現在までという回顧的な発想になるのではないでしょうか。

 

一方、リノベーションに対しては、リフォームよりも前衛的な感覚があり、
未来に向かって意識を向けさせる推進力のようなものを感じさせています。

 

そこには「物」だけではない、「精神」への訴えかけもあります。
これらは耳に新しい言葉が持つ、響きのパワーが成せる業ということでしょう。

 

いかがでしょうか?

 

リフォームリノベーションは、
このように日本では似て非なるものとご理解頂ければよろしいかと思います。